トップ / 旅行の思い出の残し方

旅行の思い出の残し方

旅行をしたら散策へ

人生における旅行の意味について

旅行をして知らない街を散策することは気晴らしになります。日頃、会社勤めをしているような人ですと、通勤経路はほぼ毎日一緒でしょうから、長い間同じ仕事を続けていると気持ちも活性化しなくなってきます。そういった場合、旅行によって新鮮な気持ちになれることは、先の人生を楽しいものにするために大いに意味のあることなのです。一度訪れた旅先を好きになり、その後頻繁に行くようになる人も多くいます。そのように好きな土地が出来ると日々の生活も充実してきますし、次に訪れるまでの間も仕事も頑張れるようになる効果もあるのです。

イラスト

旅をイラストで記録するには

旅行の記憶をイラストで残したいとお考えの方は多いと思います。ただし、限られた時間で何かを描くのは意外と難しいものなので、下記の方法で簡易的に始めることをお勧めします。まず、行き先等に応じて描く対象をピックアップしておきます。(例:奈良の鹿、弘前の桜等)次に、お手本を用意して下さい。いきなり自力で描くのは初心者にはハードルが高いためです。パンフレットやガイドブック中の絵を参考にしても良いですし、色ボールペンや色鉛筆で描くお手本集も販売されています。そして、手軽な媒体に気楽に描いて下さい。スケッチブックに絵の具よりは葉書に色鉛筆で描く方がお勧めです。例えば、葉書に旅行の日程と自分の色鉛筆イラストを記して自分宛に送付すると自分へのお土産にもなります。気軽に初めて徐々に自分の描き方を見つけて下さい。

↑PAGE TOP

© Copyright 子連れ旅行のロケーション. All rights reserved.